30代というのはスキルチェンジに悩む年代です。

どうせなら、より多く稼げる方向に進んでいきたいですよね。

今の時代、プログラミングスキルを身に付けることが一番効率的と言えるでしょう。

パソコンとインターネット環境があれば、いつでもどこでも仕事ができるからです。

「プログラミングは10代や20代など、若いうちから始めないと無理」と思いがちですが、意外とそんなことはありません。

わたしは30代になってからプログラミングを勉強し、仕事にすることができた一人です。

プログラミング学習は独学でも可能ですが、近道したいならプログラミングスクールを選択するのも1つの方法です。

その中でも、コーチテックは稼げるエンジニアを育成するためのプログラミングスクールです。

  • コーチテックはオンライン完結型のプログラミングスクール!
  • 専属コーチにいつでも質問や相談ができる!
  • 卒業後も自走できるノウハウを得ることができる!

コーチテックに入る人たちの年齢層は20代~30代が中心です。

でも、コーチテックはオンライン完結型のプログラミングスクールなので、通学が無く、他の受講生に会うこともありません。

だから、「30代なので若い人たちに混じって学習するのは恥ずかしい・・・」なんてことで悩むこともありません。

また、コーチテックには授業というものが一切無いため、オーダーメイドで提供されるカリキュラムに沿って自分で学習を進めていくことになります。

わからないことがあった場合は、LINEチャットで専属コーチに質問することができるので不安に感じることはほとんどありません。

週に一度、専属コーチとの面談もあるので、いろいろなアドバイスを受けることができてモチベーションの維持にもつながりますよ。

コーチテックで学べる期間は2ヶ月間ですが、卒業後も学び続ける習慣は大切です。

そうやって自分のスキルのクオリティを高めていくわけですね。

コーチテックでは、卒業後も自走で学び続けられるように年間計画についてもアドバイスを受けることができますよ。

30代未経験だったとしても諦める必要はありません。

そうはいっても、何から始めたらいいかよくわからないなら、まずはコーチテックの無料カウンセリングに申し込むところから始めてみることをおすすめします。

最終的にコーチテックに入らなかったとしても、有益な情報は得られるはずです。

ぜひ、稼げるエンジニアになるために活用してみてくださいね!

公式サイトを見る

30代でもプログラミングをあきらめる必要はない!

プログラミングに憧れを持っている人はたくさんいます。

わたしも30代になったころから「プログラミングを仕事にできたらいいなぁ」と思い始めていました。

それまではプログラミングのことなんて全然知らなかったし、特別な人にしかできないことだと思い込んでいたんだと思います。

ところがある日、本屋に立ち寄った時、専門コーナーにプログラミングの本がズラリと並んでいることに驚きました。

「プログラミングって誰でも勉強できるんだ!」

と気づいた瞬間でしたね。

と同時に、「もっと若いときに気づけていれば今頃将来に不安を感じることもなかったのになぁ・・・」と残念な気持ちにもなったことを覚えています。

「プログラミングは誰でも身に付けられる」、「プログラミングは仕事にできる」ということを知らないだけだったんですよね。

特に最近はプログラミングが学校教育に取り入れられたこともあり、さらに需要が高まっています。

30代だったとしても悲観する必要はありません。

あなたは単にわたしと同じように「知らなかった」だけだからです。

コーチテックは30代にこそピッタリなプログラミングスクール!

プログラミングは独学で習得することも可能ですが、身に付けるまでにはどうしても時間がかかってしまいます。

また、いきなりIT企業に飛び込んで現場で働きながら習得するという荒技もありますが、それはあまりおすすめできません。

お金はかかってしまいますが、最短でプログラミングスキルを身に付けたいならプログラミングスクールに入るのが良い方法です。

その理由について、わたしの経験談から説明してみたいと思います。

未経験で現場に入ると悲惨

30代になったころ、独学でプログラミングを学習しつつ、派遣社員として働いていたことがあります。

ところが、現場は想像していた以上にハイレベルで、プログラミング学習を始めたばかりのわたしにはチンプンカンプンでした。

なぜわたしがそんなところに配属されたのかというと、会社側からすれば人を派遣すれば儲かるわけなので、初心者でもガンガン現場にブッ込むわけです。

また、わたし自身も「現場に入ればなんとかなるだろ」という浅はかな考えをもっていたこともまずかったと今は猛省しています。

現場を知らない人間が独学で身に付けた知識なんてほとんど役に立たないということを思い知らされました。

あと、現場のメンバーに言われたことは、「無知は罪だよ」ということです。

無知は罪

「無知は罪だよ」

これをズバッと言われたときは、情けないやら恥ずかしいやらで頭が真っ白になったのをはっきりと覚えています。

その後、会社に退職の旨を伝えたのは言うまでもありません。

でも、そういったどん底の経験があったこともあり、次の会社でバリバリとプログラミングの仕事ができるようになりました。

だから今わたしが、30代プログラミング未経験の人たちに言えることは、「悪いことは言わん。現場に入る前にお金を払ってでもプロから学んでおけ!」ということです。

そこでおすすめなのが、コーチテックです。

コーチテックは現役のエンジニアが専属コーチとしてついてくれるので、プログラミングのみならず、現場でのノウハウも得ることができます。

自分の将来像に近い人から教わるのが一番の近道だと思いませんか?

年齢が高ければ高いほど不利になるので、30代であればなおさら近道が必要です。

そういう意味では、コーチテックは30代にこそピッタリなプログラミングスクールと言えるでしょう。

公式サイトを見る

30代は若くないけど定年までの道のりはメッチャ長い・・・

一昔前の日本なら定年は60歳でしたが、人生100年時代とも言われるようになったことから、今後は70代になっても働くのが当たり前の社会になっていくのではないでしょうか。

そう考えると、今30代の人はこの先、最低でも40年ほど働き続けなければいけないわけです。

ものすごく気の遠くなる話ですが、これが現実です。

もし、手に職をつけることができたなら、この先の働き方は今よりも楽になるはずです。

今から手に職を付けるとなるとプログラミングスキルが一番効率的ではないでしょうか。

個人的にはプログラミング一択だと思っています。

IT業界では人材が圧倒的に不足していることと、プログラミングならパソコンとインターネットがあれば、いつでもどこでも仕事ができるようになるからです。

サラリーマンならいつでもどこでもというわけにはいかないでしょうが、フリーランスという働き方を視野に入れれば実現できるはずです。

もしあなたが、本気でプログラミングスキルを身に付けて効率的に働いていきたいと思っているなら、30代からでもあきらめる必要はありません。

本を買ったりググりまくれば情報は集まります。

そして、お金を払ってでも近道をしたいと考えているなら、まずはコーチテックの無料カウンセリングに申し込んでみることをおすすめします。

公式サイトを見る